リゾート気分を満喫♪リヴィエール長府のモデルルームに行ってみた❢

こんにちは!ほっぷ下関編集部(@hopshimo)、取材レポーターのゆりっぺです♪

長府外浦町に2023年完成予定のマンション

リヴィエール長府シーサイドヴィラ」。

今回は、そのモデルルームに行って来ました♪

お部屋からの素敵な眺め、そして重厚なエントランスへ帰ってくるときの優越感。マンションって魅力で埋め尽くされていますよね♡

戸建てと比べ、設備の面でも充実していることが多く、管理の手間も掛かからない点もgoodです👍

ところで皆さん、買う買わないは別として、モデルルームやモデルハウスの見学ってぶちワクワクしません?

私、今回トキメキが止まりませんでした♡♡♡

だって、まるでリゾート地の別荘のようで、非日常的な感覚を味わえたから♡←ハート多めw

私の取材レポを読んで、実際に来場したかのように楽しんでいただけたら嬉しいな♡←またw

あ、そうそう! マンションの周辺にスーパーマーケットやホームセンター、医療施設、関見台公園などがあり、生活環境が充実しているのも魅力です❣

マックスバリュが隣にあります
関門医療センターもすぐ近く
関見台公園からの景色
干珠島や満珠島を眺められる砂浜
散歩するにはもってこい♪ 遊歩道❢
目の前にバス停。交通にも困りません。

この他にも、美術館や長府毛利邸、長府庭園等も近くにあります。

なお、マンションが完成したらこんな感じだそうです。

完成予想パース①
完成予想パース②
完成予想パース③

あは♡これは美しくて存在感ありますね❣

さぁ、それではモデルルームに入りましょう!

目次

初めて見るものばっかりで、胸の高鳴りが抑えられない❢

モデルルーム外観
モデルルーム入口

早速、中に入り、担当の方に色々お話を聞きました。

担当の中島さん。ふむふむ、なるほど! そういうシステムもあるんですね♡

まず驚いたのが、エントランスの顔認証システム。

ハンズフリーで顔を向けるだけで本人確認して解錠。セキュリティー面でも絶大な安心感が得られます。

事前に登録し、エントランスで顔をかざすだけでドアが開きます。
住戸入口はこんな感じ。ピンポ~ン♪

ちなみに、皆さんは荷物や小さいお子さん等で手がふさがり、鍵をなかなか開けられなかった経験ないですか?

安心してください、リヴィエール長府の玄関は非接触キー対応(※オプション対応)。手がふさがっていても解錠しやすく、部外者の侵入も防ぎます。

非接触キー。これめっちゃ良くない?w

キャッキャ言いながら、色々試しているところへ担当の中島さんから一言。

まだまだこれだけじゃあないんですよ♪

な、中島さん、マジですかwww

というのも、インターホンに「SECOMインターホンIоT」というものを採用しているらしく、これが素晴らしかった。

こちらのシステム、インターホンがスマホと連動しており、外出先でも解錠や来客対応が出来るのだそう。

来訪者が来てインターホンを押すと、スマホに通知が来るので、普通の電話と同じように会話が出来ます。

スマホに来訪者の姿も映し出されるので、防犯面でも安心です。

配達時に不在だった時や、お子さんの帰宅時の解錠等に便利ですね。

そして室内へ…

ドアを開けて室内へ入ると、目の前に大きな鏡が。

実はこれ、靴を入れたりする収納スペースなんです。

「非日常と思っていた時間が日常になる」と謳っている「リヴィエール長府」。

いたる所に生活感を極力感じさせない仕掛けあるんですよ♪

この後、ちょくちょく出てきますので、要チェックです✍

玄関入ってすぐの所にある収納スペース。扉を閉めると大きな鏡に♪

玄関からお部屋に上がるとすぐ近くに洋室が2部屋ありました。

モデルルームでは寝室となっていましたが、もちろんカスタマイズはあなたの自由♪

と色々妄想しているうちに、やっぱりこういう気持ちになるんです…

マイホーム欲しぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ♡♡♡

1つ目の洋室。レイアウトがステキ♡
2つ目の洋室。こちらは男性が好みそうなレイアウト👨
2つ目の洋室のウォークインクローゼット。中が広~い♪

サロンのような設備❢  贅沢感いっぱいのバスルームで安らぎのひと時を…

さて、ここでクイズです。お家の中で大切な場所の1つといえば?

そう!お風呂ですよね♡

お風呂大好き♡

リヴィエール長府のバスルームは、女性が嬉ぶような設備がいっぱい♪

保温や美肌効果がある「マイクロバブル浴槽」、水はけがよい「カラリ床」、

雨の日も大丈夫な「浴室換気暖房乾燥機」などなど、魅力的な設備が備え付けられています。

そして、次で紹介するIoT対応の給湯器Bluetooth内蔵の照明が特に素晴らしい!

まず、給湯器は外出先からもスマホから操作が可能。

お湯はりや追い焚き等の操作ができるので、汗をかいて帰る夏や寒い冬も、帰ったらすぐにお風呂に入れます。

これめっちゃ便利じゃないですか???

さらに、こちらの給湯器はスマホと連動させることができ、同居家族の浴室の入室と退室をスマホの画面で確認できます。

つまり、「見守り」としても役立ちます👍

次に照明ですが、スマホと連動しているので、スマホに入っている音楽やYouTubeが流せます♪

また、照明の色をリモコンで変えたりもできます。

好きな音楽を聞きながら、照明を癒される色にすれば、まさに至福の時間♪

今日はどの色にしようかな♪
スマホをイジイジ♪やっぱお風呂で音楽はイイネ👍

そして、バスルームの最大の魅力はお風呂から海を眺めることができること❣※見えずらいお部屋もあります

海を眺めながらのお風呂なんて、本当にリゾート地みたい♡

なお、バスルームの近くに洗面台があり、こちらも細部までこだわった女性に優しい造り♪

たっぷり収納できて生活感が出ない「ミラー裏収納」をはじめ、お手入れ簡単な一体成形のカウンター、小さなお子様も見やすい「キッズミラー」、洗面台の足元にスッキリ収納できる「ヘルスメータースペース」などを設置しています。

特に、ぱたっと開いて取り出しやすいポケット収納「ミニパタくん」がgood👍ブラシ等を入れておけば、サッと髪型やメイクを整えられます♪

ミニパタくん

いよいよリビングへ!

待ちに待ったリビングへGo!

止まらないワクワクを抑え、手をドアノブに🚪

ガチャ………

ドアを開けた瞬間、思わずわぁ~♡と声が出ちゃいましたw

い、いやここ長府ですよね?w

めっちゃステキ♡

そして超開放的♡

テレビを見ながら、お料理を作りながら、和室スペースでテレワークをしながら海を眺めることができるリビング♪

こんなの普通はリゾート地でしか味わえませんよね♡ 

そして、このテンションのままバルコニーへ⤴⤴

ムード満点で凄くステキ♡ 

思わず時間を忘れてぼ~っとしちゃった♡

ちなみに、このバルコニー部分とカーテンレールにLEDが設置されていて、照明の色を変えることができますよ。

色の種類も豊富! モデルルーム見学の際はぜひ色々試してみてください♪

カーテンレールにLEDを設置

自然な使い心地と美しさを兼ね備えたキッチン

続いてキッチンを紹介。

まず、先ほども言いましたし大事なことですので2回言いますがw、

キッチンからも海を眺めることができます。これ本当にステキ♡

また、景色だけでなく設備も魅力! この指先だけで軽々開き、道具一式が一度の開閉で見れ、たっぷりしまえる「らくパッと収納」なんて超便利♪

ここだけでなく、私の後ろも全て収納スペースです

そして、ここにも生活感を出さない工夫が←はい、要チェックですw

キッチンの後ろに一見収納スペースとはわからない収納スペースがあり、そこに冷蔵庫等を入れることが可能。

扉を閉めることにより、生活感を隠せますよ♡

Wi-Fi等も入れられます

さらに、キッチンの低い仕切りの両サイドにコンセントを設置。

こういう細かいところの気遣いが嬉しいですよね♪

この他にも…

上で紹介したものの他にも、たくさんの魅力がある「リヴィエール長府シーサイドヴィラ」。

例えば、こちらの鏡…

なんとYouTubeが見れるんです♪

こういうインテリアもアリですね♪
オート開閉・洗浄、汚れをつきにくくする「プレミスト」等の高機能を備えたトイレ

とまぁこんな感じで「リヴィエール長府シーサイドヴィラ」のモデルルーム見学を堪能してきました。

今回の取材レポ、いかがだったでしょうか?

この記事をご覧になられた方が、少しでも行った気になられていたら嬉しいです♪

紹介しきれなかった部分もまだいっぱいい~~~っぱいありますので、ぜひ実際に足を運んでみてくださいね♡

 

▼資料請求・優先案内会等の情報はこちら

リヴィエール長府 特設サイト

 

今回の取材レポ
代替テキスト
担当:ゆりっぺ

下関は歴史や観光スポット、美味しいグルメがいっぱいあって大好き❤︎
私ならではの視点でこの街の魅力をPRできたらと思います。
応援よろしくね♪

このカテゴリーのおすすめ記事

記事へのコメント・感想お待ちしています♪コメントを投稿する

  1. ほっぷ下関編集部ほっぷ下関編集部
    この記事へのコメント、感想などお気軽にお寄せください♪
    「行ってきたよ!」「近くに○○があるよ!」「○○がおすすめだよ♪」
    などなど、皆さんで楽しくおしゃべりしましょう♪

    なお、コメント機能は誹謗中傷や荒らし行為等から読者の皆さんを守るため、ほっぷ下関編集部による承認制をとっております。送信したコメントは承認された後に公開されます。 注意および禁止事項はこちら

コメントを残す

コメントは、以下の項目を入力し「送信」ボタンから送信してください。
※コメントはほっぷ編集部の確認後に掲載させていただきます。確認・掲載までお時間をいただく場合があります。あらかじめご了承ください。

次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前を保存する