• コラム
  • 公開: 2021/03/12
  • 2
  • 1

下関が発祥?? 明太子の歴史

辛子明太子と言えば、現在は福岡県の博多が有名ですが、下関から始まったと言われているのをご存知ですか?

今回は、明太子の歴史について紹介します。どうぞ最後までご覧ください。

明太子の原点

朝鮮半島では、何百年も遠い昔から鱈の卵巣をニンニクや唐辛子と一緒に塩漬けした、辛子明太子の原型が作られていました。そして月日は流れて1910年、当時日本だった朝鮮半島で会津藩(現在の福島県)の人により、初めて商品化されることとなります。

下関が発祥と言われるワケ

朝鮮半島でキムチ風明太子がメジャーになると、日本にも続々と輸入されるようになりました。その際、下関は朝鮮半島に最も近い港として輸入明太子の窓口となったのです。そして、戦前まで下関を中心に辛子明太子及びタラコが取引されることとなります。この事実が、下関が辛子明太子の発祥と言われる由縁なのです。

戦後の辛子明太子の歩み

戦後の1947年頃、下関の「イリイチ食品」の創始者である髙井英一郎氏が、陸軍時代のツテを使い、いち早く北海道からたらこを仕入れ始めます。そして、多くの人々の努力により、塩漬けしたタラコに唐辛子をふりかけて作る「辛子明太子」が生まれます。これは、博多の有名企業が辛子明太子を開発した時期と同じだそうで、「イリイチ食品」も日本屈指の老舗明太子企業の1つと言えるでしょう。

英一郎と蟹

そして現代へ…

1960年頃、福岡県を中心に、塩漬けしたたらこを唐辛子調味液に入れて二次漬けする現代の辛子明太子が誕生。その後、下関もこの形になじんでいき、私達がよく知る辛子明太子が全国に流通していったのです。

最後に…

今回の辛子明太子の歴史のコラムいかがでしたか? よろしければコメントをいただけると幸いです。

初期の高井商店の配達の様子

このカテゴリーのおすすめ記事

この記事へのコメント(1)コメントを投稿する

  1. ほっぷ下関編集部ほっぷ下関編集部
    この記事へのコメント、感想などお気軽にお寄せください♪
    「行ってきたよ!」「近くに○○があるよ!」「○○がおすすめだよ♪」
    などなど、皆さんで楽しくおしゃべりしましょう♪

    なお、コメント機能は誹謗中傷や荒らし行為等から読者の皆さんを守るため、ほっぷ下関編集部による承認制をとっております。送信したコメントは承認された後に公開されます。 注意および禁止事項はこちら
  1. 匿名
    英一郎様~♥お蔭様で今、美味しい明太子をいただくことができて私達は幸せでおます♬うんうん、写真だけでご飯三杯はいけますよ!感謝ですです!

コメントを残す

コメントは、以下の項目を入力し「送信」ボタンから送信してください。
※コメントはほっぷ編集部の確認後に掲載させていただきます。確認・掲載までお時間をいただく場合があります。あらかじめご了承ください。

次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前を保存する