香月泰男の代表作 シベリア・シリーズ全57点を公開

7月4日(木)から8月25日(日)まで、山口県立美術館(山口市亀山町)で同館開館45周年記念特別展「没後50年 香月泰男のシベリア・シリーズ」が開催されます。

現在の山口県長門市三隅出身の洋画家・香月泰男(1911~1974年)の没後50年を記念した本展では、彼の代表作である「シベリア・シリーズ」を全点公開。太平洋戦争への従軍と戦後のシベリア抑留の体験を描いた57点の油彩画は、それぞれが独立した絵画としての魅力を備えつつも、その全体像をとらえた時、圧倒的な存在感をもって見る者に迫ってきます。

また、作品に寄せた画家の自筆解説文も併せて紹介。香月画伯の画業を改めて回顧すると共に、戦争と抑留の記憶を見つめ続けた彼の心の動きをたどります。

観覧時間は9時から17時までで、月曜休館(7月15日と8月5日・12日は開館)。観覧料は一般1200円、70歳以上及び学生1000円、18歳以下等は無料。

なお、7月6日・13日・20日の各土曜10時から45分程度、同館学芸員によるギャラリートークが行なわれます。

■問い合わせ

山口県立美術館

083‐925‐7788

Information

開催期間
7月4日(木)~8月25日(日)
開催地
山口県立美術館(山口市亀山町)
問い合わせ先
山口県立美術館 083‐925‐7788

香月泰男の代表作 シベリア・シリーズ全57点を公開

→Google Mapで表示

キーワード

このカテゴリーのおすすめ記事

記事へのコメント・感想お待ちしています♪コメントを投稿する

  1. ほっぷ下関編集部ほっぷ下関編集部
    この記事へのコメント、感想などお気軽にお寄せください♪
    「行ってきたよ!」「近くに○○があるよ!」「○○がおすすめだよ♪」
    などなど、皆さんで楽しくおしゃべりしましょう♪

    なお、コメント機能は誹謗中傷や荒らし行為等から読者の皆さんを守るため、ほっぷ下関編集部による承認制をとっております。送信したコメントは承認された後に公開されます。 注意および禁止事項はこちら

コメントを残す

コメントは、以下の項目を入力し「送信」ボタンから送信してください。
※コメントはほっぷ編集部の確認後に掲載させていただきます。確認・掲載までお時間をいただく場合があります。あらかじめご了承ください。

次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前を保存する