記念講演会「宗像地域の勢力と長門・周防-古墳時代後期の地域間交流-」

8月3日(土)10時から11時30分まで、下関市立考古博物館(綾羅木字岡)講堂で記念講演会「宗像地域の勢力と長門・周防-古墳時代後期の地域間交流-」が開催されます。

講師は山口県埋蔵文化財センター事業課長の岩崎仁志さん。「世界遺産『神宿る島』宗像・沖ノ島関連遺産群」を残した胸肩君一族と、長門・周防の勢力の交流について語ります。ぜひ皆さんでお聴きください。

また、講演終了後に展示解説も実施。定員は申込先着30名で、参加無料です。

聴講希望の方は、8月2日(金)17時までに同館公式サイトの受付フォームから申し込みましょう。一度に3名まで申込可能。

■問い合わせ

下関市立考古博物館

083-254-3061

Information

開催期間
8月3日(土)10時~11時30分
開催地
下関市立考古博物館(綾羅木字岡)講堂
問い合わせ先
下関市立考古博物館 083-254-3061

記念講演会「宗像地域の勢力と長門・周防-古墳時代後期の地域間交流-」

→Google Mapで表示

キーワード

このカテゴリーのおすすめ記事

記事へのコメント・感想お待ちしています♪コメントを投稿する

  1. ほっぷ下関編集部ほっぷ下関編集部
    この記事へのコメント、感想などお気軽にお寄せください♪
    「行ってきたよ!」「近くに○○があるよ!」「○○がおすすめだよ♪」
    などなど、皆さんで楽しくおしゃべりしましょう♪

    なお、コメント機能は誹謗中傷や荒らし行為等から読者の皆さんを守るため、ほっぷ下関編集部による承認制をとっております。送信したコメントは承認された後に公開されます。 注意および禁止事項はこちら

コメントを残す

コメントは、以下の項目を入力し「送信」ボタンから送信してください。
※コメントはほっぷ編集部の確認後に掲載させていただきます。確認・掲載までお時間をいただく場合があります。あらかじめご了承ください。

次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前を保存する