長府毛利邸

明治36年(1903)長府毛利家14代元敏(もととし)によって建てられた邸宅で、明治天皇の行在所(あんざいしょ)としても使われたところです。重厚な母屋と白壁に囲まれた純和風の庭園が往時を偲ばせ、安らぎの空間を演出しています。

Information

交通アクセス
①JR下関駅からバスで23分→「城下町長府」バス停から徒歩で10分
②JR長府駅からバスで10分→「城下町長府」バス停から徒歩で10分
③中国自動車道下関I.Cから車で20分
問い合わせ先
長府毛利邸 083-245-8090

長府毛利邸

→Google Mapで表示

このカテゴリーのおすすめ記事

記事へのコメント・感想お待ちしています♪コメントを投稿する

  1. ほっぷ下関編集部ほっぷ下関編集部
    この記事へのコメント、感想などお気軽にお寄せください♪
    「行ってきたよ!」「近くに○○があるよ!」「○○がおすすめだよ♪」
    などなど、皆さんで楽しくおしゃべりしましょう♪

    なお、コメント機能は誹謗中傷や荒らし行為等から読者の皆さんを守るため、ほっぷ下関編集部による承認制をとっております。送信したコメントは承認された後に公開されます。 注意および禁止事項はこちら

コメントを残す

コメントは、以下の項目を入力し「送信」ボタンから送信してください。
※コメントはほっぷ編集部の確認後に掲載させていただきます。確認・掲載までお時間をいただく場合があります。あらかじめご了承ください。

次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前を保存する