初心者にもできる 花の育て方、楽しみ方 第59回

下関市園芸センター 内田祐介さんによる園芸コラム

今回は人気の草花、ネメシアを紹介します。ネメシアは南アフリカに自生するゴマノハグサ科の植物で、主に草本性の園芸種が流通します。花色が優しいので、寄せ植えに利用しても、ほかの植物ともよく調和しますね♪ 

さて、ネメシアといえばこれまで一年草タイプがメインでしたが、近年は多年草タイプの「宿根ネメシア」も増えてきました。ネメシアは寒さには強いものの、とにかく高温多湿が苦手なので、宿根ネメシアとて夏越しは容易ではありません。夏越しはいかに風通しよく涼しい環境で管理できるかがポイントになります。ほぼ1年中絶え間なく花を咲かせるネメシアも6月頃に花数が少なくなるのでその時に切り戻しをします。もし6月に切り戻しをしていない場合は7月に行います。苦手な夏をしのいで秋から再び咲かせると良いですね。鉢植えの場合は、半日陰の雨の当たらない場所に移動させておくと安心です。

6月中旬の状態。花数が少なくなってきた。株の半分くらいを切り戻す。
これでひと株。2年目の株はボリューム満点に♪ぜひ夏越しにチャレンジして下さい。品種は宿根ネメシアの`メーテル´甘い香りにうっとり♪
切り戻し前
切り戻し後
キーワード

このカテゴリーのおすすめ記事

記事へのコメント・感想お待ちしています♪コメントを投稿する

  1. ほっぷ下関編集部ほっぷ下関編集部
    この記事へのコメント、感想などお気軽にお寄せください♪
    「行ってきたよ!」「近くに○○があるよ!」「○○がおすすめだよ♪」
    などなど、皆さんで楽しくおしゃべりしましょう♪

    なお、コメント機能は誹謗中傷や荒らし行為等から読者の皆さんを守るため、ほっぷ下関編集部による承認制をとっております。送信したコメントは承認された後に公開されます。 注意および禁止事項はこちら

コメントを残す

コメントは、以下の項目を入力し「送信」ボタンから送信してください。
※コメントはほっぷ編集部の確認後に掲載させていただきます。確認・掲載までお時間をいただく場合があります。あらかじめご了承ください。

次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前を保存する