山口県立美術館の特別展「野口哲哉展」

 4月15日(木)から6月13日(日)まで、山口県立美術館(山口市亀山町)で特別展「野口哲哉展‐this is not a samurai」が開催されます。

 鎧と人間をテーマに、現代性や人間性を問いかける現代美術作家・野口哲哉さん。本展では、鎧をまとう人々の彫刻や絵画など、野口さんの新作を含む初期からの代表作約180点が展示されます。

 鎧を着た人物が所在なくたたずんでいるかと思えば、風船を見つめたり、空中に浮かんだり。一見ユーモラスに見えますが、どこか物悲しい雰囲気が漂い、そこには喜びや苦悩といった矛盾を抱えながら生きる人間の姿が鋭い視点で映し出されています。野口さんの人間への好奇心にあふれた作品世界をお楽しみください。

 観覧時間は9時から17時までで、月曜休館。ただし、5月3日(月祝)と6月7日(月)は開館。観覧料は一般1200円、70歳以上及び学生1000円、18歳以下等は無料。

■問い合わせ

山口県立美術館

083‐925‐7788

Information

開催期間
4月15日(木)から6月13日(日)まで
開催地
山口県立美術館
問い合わせ先
山口県立美術館 083‐925‐7788

山口県立美術館の特別展「野口哲哉展」

→Google Mapで表示

このカテゴリーのおすすめ記事

記事へのコメント・感想お待ちしています♪コメントを投稿する

  1. ほっぷ下関編集部ほっぷ下関編集部
    この記事へのコメント、感想などお気軽にお寄せください♪
    「行ってきたよ!」「近くに○○があるよ!」「○○がおすすめだよ♪」
    などなど、皆さんで楽しくおしゃべりしましょう♪

    なお、コメント機能は誹謗中傷や荒らし行為等から読者の皆さんを守るため、ほっぷ下関編集部による承認制をとっております。送信したコメントは承認された後に公開されます。 注意および禁止事項はこちら

コメントを残す

コメントは、以下の項目を入力し「送信」ボタンから送信してください。
※コメントはほっぷ編集部の確認後に掲載させていただきます。確認・掲載までお時間をいただく場合があります。あらかじめご了承ください。

次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前を保存する