郷土ゆかりの作家を紹介♪宇野千代とやまぐち

 4月29日(木祝)まで、山口県立山口図書館(山口市後河原)2階ふるさと山口文学ギャラリーで企画展「宇野千代とやまぐち」が開催されています。

 宇野千代は、岩国市(旧玖珂郡横山村)出身で昭和期を代表する女性作家。本展は、同館が山口県立大学郷土文学資料センターと連携し、宇野千代の作品や郷土との関わりについて紹介する企画展です。数多くの作品の中から、『おはん』や『水西書院の娘』等の県内ゆかりの作品を、所蔵資料とパネルにより展示・紹介。また、代表作『色ざんげ』やデビュー作『脂粉の顔』などの作品や資料も併せて展示・紹介されています。多くの人に愛された郷土出身の作家について知る機会としてみてはいかがでしょう。

 観覧時間は9時から19時(土曜・日曜・祝日は17時)までで、月曜休館。なお、3月31日(水)は月末整理日、2月16日(火)~26日(金)は資料点検期間のため閉館となります。観覧無料。

■問い合わせ

山口県立山口図書館

083‐924‐2111

Information

開催期間
4月29日(木祝)まで
開催地
山口県立山口図書館
問い合わせ先
山口県立山口図書館 083‐924‐2111

郷土ゆかりの作家を紹介♪宇野千代とやまぐち

→Google Mapで表示

このカテゴリーのおすすめ記事

記事へのコメント・感想お待ちしています♪コメントを投稿する

  1. ほっぷ下関編集部ほっぷ下関編集部
    この記事へのコメント、感想などお気軽にお寄せください♪
    「行ってきたよ!」「近くに○○があるよ!」「○○がおすすめだよ♪」
    などなど、皆さんで楽しくおしゃべりしましょう♪

    なお、コメント機能は誹謗中傷や荒らし行為等から読者の皆さんを守るため、ほっぷ下関編集部による承認制をとっております。送信したコメントは承認された後に公開されます。 注意および禁止事項はこちら

コメントを残す

コメントは、以下の項目を入力し「送信」ボタンから送信してください。
※コメントはほっぷ編集部の確認後に掲載させていただきます。確認・掲載までお時間をいただく場合があります。あらかじめご了承ください。

次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前を保存する