江戸時代の人々の暮らしや文化を紹介

 岩国徴古館(岩国市横山)では、2月28日(日)まで企画展「江戸時代の風景‐江戸の暮らしと文化‐」を開催中です。16世紀までの日本は、数々の戦乱により不安定な社会情勢が続き、文化面においても支配者階級が中心でした。一方、江戸時代は大きな戦乱が数えるほどしかなく、農業生産技術の向上などによって人口も増加。生産量が増えたことで経済が大きく発展し、庶民生活にも多様な文化が生まれました。

 本展では、江戸時代の風景を描いた絵画や文書資料等を通じて、当時の人々の暮らしや文化について紹介。展示資料数は約50点です。現代の生活と比較して、どのような共通点や違いがあるか学んでみてはいかがでしょう。観覧時間は9時から17時までで、月曜(祝日の場合は翌日)休館。観覧無料。来館の際はマスクをご着用ください。

■問い合わせ

岩国徴古館

0827‐41‐0452

Information

開催期間
2月28日(日)まで
開催地
岩国徴古館
問い合わせ先
岩国徴古館 0827‐41‐0452

江戸時代の人々の暮らしや文化を紹介

→Google Mapで表示

このカテゴリーのおすすめ記事

記事へのコメント・感想お待ちしています♪コメントを投稿する

  1. ほっぷ下関編集部ほっぷ下関編集部
    この記事へのコメント、感想などお気軽にお寄せください♪
    「行ってきたよ!」「近くに○○があるよ!」「○○がおすすめだよ♪」
    などなど、皆さんで楽しくおしゃべりしましょう♪

    なお、コメント機能は誹謗中傷や荒らし行為等から読者の皆さんを守るため、ほっぷ下関編集部による承認制をとっております。送信したコメントは承認された後に公開されます。 注意および禁止事項はこちら

コメントを残す

コメントは、以下の項目を入力し「送信」ボタンから送信してください。
※コメントはほっぷ編集部の確認後に掲載させていただきます。確認・掲載までお時間をいただく場合があります。あらかじめご了承ください。

次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前を保存する