世界遺産ご当地フェア

 11月21日(土)から30日(月)まで、萩・明倫学舎(萩市江向)本館で「世界遺産ご当地フェア」が開催されます。

 これは、23の構成資産からなる「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録5周年を記念したご当地フェア。期間中は会場に、構成資産を有する8県11市の特産品が並びます。出展自治体は萩市(山口県)の他、釜石市(岩手県)、伊豆の国市(静岡県)、北九州市・中間市・大牟田市(福岡県)、荒尾市・宇城市(熊本県)、佐賀市(佐賀県)、長崎市(長崎県)、鹿児島市(鹿児島県)。

 萩市からは、地酒や蒲鉾、「萩にゃん。」グッズなどを出品。他の自治体も、それぞれに自慢のグルメやスイーツ、地酒などを多数出品します。また、期間中に萩・明倫学舎2号館(要入館料)へ入館した方はガラポン大抽選会に参加可能。この機会に、世界遺産と特産品の両方に注目してみてはいかがでしょう。開催時間は9時から17時まで。入場無料。

■問い合わせ

NPO萩明倫学舎

0838‐21‐0304

 

※コメントを書いてみませんか?

【このカテゴリーのおすすめ記事】の下に、コメントを書く欄があります。お気軽にコメントして、色々な方とおしゃべりしましょう♪

Information

開催期間
11月21日(土)~30日(月)
開催地
明倫学舎
問い合わせ先
NPO萩明倫学舎 0838‐21‐0304

世界遺産ご当地フェア

→Google Mapで表示

このカテゴリーのおすすめ記事

記事へのコメント・感想お待ちしています♪コメントを投稿する

  1. ほっぷ下関編集部ほっぷ下関編集部
    この記事へのコメント、感想などお気軽にお寄せください♪
    「行ってきたよ!」「近くに○○があるよ!」「○○がおすすめだよ♪」
    などなど、皆さんで楽しくおしゃべりしましょう♪

    なお、コメント機能は誹謗中傷や荒らし行為等から読者の皆さんを守るため、ほっぷ下関編集部による承認制をとっております。送信したコメントは承認された後に公開されます。 注意および禁止事項はこちら

コメントを残す

コメントは、以下の項目を入力し「送信」ボタンから送信してください。
※コメントはほっぷ編集部の確認後に掲載させていただきます。確認・掲載までお時間をいただく場合があります。あらかじめご了承ください。

次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前を保存する