菊舎 旅と友を愛したひと‐旅編‐

下関市立美術館(下関市長府黒門東町)では、7月15日(月祝)まで企画展「菊舎 旅と友を愛したひと‐旅編‐」を開催中です。

田上菊舎(1753~1826年)は、下関出身の女流文人。若くして夫を亡くすと、俳諧修業のために全国各地を旅して多くの文人たちと交流。俳諧だけでなく、書画や茶の湯、弾琴といった諸芸にも通じるようになりました。

生涯で旅した距離は22000kmに及ぶとされ、晩年は家族が住む長府(現下関市)に落ち着き、創作活動に励んだといいます。

本展では、下関市内の個人所蔵家のコレクションから、菊舎の作品約60点を一堂に展示。40年余にわたる旅のなかで制作された、各地の風土や人々との交友を表現した俳画などを見ることができます。

旅をこよなく愛した菊舎の旅路を、その作品から追想してみてはいかがでしょう。

観覧時間は9時30分から17時までで、月曜休館(7月15日は開館)。観覧料は一般500円、大学生等400円、18歳以下等は無料。

■問い合わせ

下関市立美術館

083‐245‐4131

Information

開催期間
開催中~7月15日(月祝)
開催地
下関市立美術館(下関市長府黒門東町)
問い合わせ先
下関市立美術館 083‐245‐4131

菊舎 旅と友を愛したひと‐旅編‐

→Google Mapで表示

キーワード

このカテゴリーのおすすめ記事

記事へのコメント・感想お待ちしています♪コメントを投稿する

  1. ほっぷ下関編集部ほっぷ下関編集部
    この記事へのコメント、感想などお気軽にお寄せください♪
    「行ってきたよ!」「近くに○○があるよ!」「○○がおすすめだよ♪」
    などなど、皆さんで楽しくおしゃべりしましょう♪

    なお、コメント機能は誹謗中傷や荒らし行為等から読者の皆さんを守るため、ほっぷ下関編集部による承認制をとっております。送信したコメントは承認された後に公開されます。 注意および禁止事項はこちら

コメントを残す

コメントは、以下の項目を入力し「送信」ボタンから送信してください。
※コメントはほっぷ編集部の確認後に掲載させていただきます。確認・掲載までお時間をいただく場合があります。あらかじめご了承ください。

次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前を保存する