日本を代表する画家たちの作品とポートレートを併せて展示

11月22日(水)から来年1月21日(日)まで、周南市美術博物館(周南市花畠町)で周南市誕生20周年記念「見のがせない!日本の画家たち展」が開催されます。

本展では、日本近代美術史に名を残す画家たちの作品を収蔵する笠間日動美術館(茨城県)が誇るコレクションから、日本を代表する画家たちの作品やパレットなど約100点を紹介。

また、それらを描いた画家たちのポートレート(写真)も併せて展示されます。

ポートレートは周南市出身の写真家・林忠彦が撮影したもので、周南市美術博物館所蔵の林忠彦「日本の画家」から厳選。梅原龍三郎、片岡球子、香月泰男、鴨居玲、岸田劉生、熊谷守一、小磯良平、小山敬三、里見勝蔵、東郷青児、林武、三岸節子、向井潤吉、安井曾太郎他の素晴らしい作品とポートレートをお楽しみください。

観覧時間は9時30分から17時までで、月曜(祝日の場合は翌日)及び年末年始(12月29日~1月3日)休館。観覧料は一般1200円、大学生1000円、18歳以下等は無料。

■問い合わせ

周南市美術博物館

0834‐22‐8880

1122のサムネイル

Information

開催期間
11月22日(水)から来年1月21日(日)まで、周南市美術博物館(周南市花畠町)
開催地
周南市美術博物館(周南市花畠町)
問い合わせ先
周南市美術博物館 0834‐22‐8880

日本を代表する画家たちの作品とポートレートを併せて展示

→Google Mapで表示

キーワード

このカテゴリーのおすすめ記事

記事へのコメント・感想お待ちしています♪コメントを投稿する

  1. ほっぷ下関編集部ほっぷ下関編集部
    この記事へのコメント、感想などお気軽にお寄せください♪
    「行ってきたよ!」「近くに○○があるよ!」「○○がおすすめだよ♪」
    などなど、皆さんで楽しくおしゃべりしましょう♪

    なお、コメント機能は誹謗中傷や荒らし行為等から読者の皆さんを守るため、ほっぷ下関編集部による承認制をとっております。送信したコメントは承認された後に公開されます。 注意および禁止事項はこちら

コメントを残す

コメントは、以下の項目を入力し「送信」ボタンから送信してください。
※コメントはほっぷ編集部の確認後に掲載させていただきます。確認・掲載までお時間をいただく場合があります。あらかじめご了承ください。

次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前を保存する