カッタ君の生涯を劇化 ありがたカッタ君とのや・く・そ・く

10月22日(土)13時30分と17時30分から、宇部市文化会館(宇部市朝日町)で「~宇部市制施行100周年記念公演~ありがたカッタ君とのや・く・そ・く」が開催されます。

本公演では、かつて宇部市民をはじめ全国の人々に愛された、ときわ公園のアイドル・モモイロペリカンのカッタ君の生涯を劇化。カッタ君に関わった方々の生の声をもとに、子どもたちや周囲の人々との笑いあり涙ありのエピソードを、できるだけ忠実に舞台上で再現します。

脚本はあわさんごさん、演出は末次清美さん。劇中に流れる音楽は、宇部市出身の木下徹さんなど山口県ゆかりの音楽家の作品を中心としています。コロナ禍で人との関わりや触れ合いが難しくなった今、温かい命の交流の物語を通して、本当の愛とは何かを考えてみてはいかがでしょう。

チケットは全席自由、各回一般2500円、高校生以下1000円、親子ペア3000円。

■問い合わせ

ル・リアン志津公演実行委員会/三浦

080‐6308‐2116

カッタ君の生涯を劇化 ありがたカッタ君とのや・く・そ・く

→Google Mapで表示

このカテゴリーのおすすめ記事

記事へのコメント・感想お待ちしています♪コメントを投稿する

  1. ほっぷ下関編集部ほっぷ下関編集部
    この記事へのコメント、感想などお気軽にお寄せください♪
    「行ってきたよ!」「近くに○○があるよ!」「○○がおすすめだよ♪」
    などなど、皆さんで楽しくおしゃべりしましょう♪

    なお、コメント機能は誹謗中傷や荒らし行為等から読者の皆さんを守るため、ほっぷ下関編集部による承認制をとっております。送信したコメントは承認された後に公開されます。 注意および禁止事項はこちら

コメントを残す

コメントは、以下の項目を入力し「送信」ボタンから送信してください。
※コメントはほっぷ編集部の確認後に掲載させていただきます。確認・掲載までお時間をいただく場合があります。あらかじめご了承ください。

次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前を保存する