毛利博物館 祝いの美展

毛利博物館(防府市多々良)では、1月23日(日)まで企画展「祝いの美‐毛利家の正月飾り‐」を開催中です。

季節ごとの祝いの行事の中でも、1年の始まりの正月行事は、江戸時代の大名家においても特に重要と考えられていました。そのため、各大名家では藩と家の繁栄・永続を願い、福を招き入れるような祝いの品々を飾り、行事を盛り上げました。

本展では、毛利家伝統の正月飾りとして、毛利元就所用とされる「御佳例吉甲冑」と「日の丸軍扇」、毛利秀就が朝廷から拝領した「御重代太刀」など、毛利家にとって縁起の良い品々を配置して展示。また、毛利家の各種行事を華やかに盛り上げた由緒ある品、寅年生まれの姫君ゆかりの品などを展示して、福を招くことに対する先人の想いを紹介しています。これらの展示を眺めながら、皆さんも改めて新年を祝ってみてはいかがでしょう。

観覧時間は9時から17時までで、会期中は無休。観覧料は一般700円、小中学生350円。

■問い合わせ

毛利博物館

0835‐22‐0001

毛利博物館

Information

開催期間
1月23日(日)まで
開催地
毛利博物館
問い合わせ先
毛利博物館 0835‐22‐0001

毛利博物館 祝いの美展

→Google Mapで表示

このカテゴリーのおすすめ記事

記事へのコメント・感想お待ちしています♪コメントを投稿する

  1. ほっぷ下関編集部ほっぷ下関編集部
    この記事へのコメント、感想などお気軽にお寄せください♪
    「行ってきたよ!」「近くに○○があるよ!」「○○がおすすめだよ♪」
    などなど、皆さんで楽しくおしゃべりしましょう♪

    なお、コメント機能は誹謗中傷や荒らし行為等から読者の皆さんを守るため、ほっぷ下関編集部による承認制をとっております。送信したコメントは承認された後に公開されます。 注意および禁止事項はこちら

コメントを残す

コメントは、以下の項目を入力し「送信」ボタンから送信してください。
※コメントはほっぷ編集部の確認後に掲載させていただきます。確認・掲載までお時間をいただく場合があります。あらかじめご了承ください。

次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前を保存する