【下関市】6/16、ツールド下関。優しさが優しさが道に広がる日

2024年6月16日(日)、自転車愛好家にとって待望の「ツールド下関」イベントが開催されます。

美しい自然と歴史ある街並みを舞台に、125キロのロングコースと80キロのミドルコースの2つのコースで、下関を巡る大規模なイベント。

ロングコースは8:00にスタートし、山陰線の海岸を通り、角島を回って豊田町に抜けるルート。一方、ミドルコースは9:00にスタートし、山陰の湯玉から山に入り、川棚と菊川を経由して戻ってくるルートです。

どちらのコースも下関の自然の美しさを満喫できるように設計されており、コバルトブルーの海や広がる里山の風景を楽しみながら走り抜け、エイドステーションでは、二見饅頭やようかん、川棚饅頭や瓦シュー、菊川そうめんやふく鍋などの特別な名産品が、参加者に振舞われます。

大会当日、下関市内の道路は多くの自転車が走ることになります。

スタート地点とゴール地点のオーヴィジョンスタジアム周辺では、混雑が予想されます。

交通規制は特に設けられていないため、山陰の意車線しかない海岸線では、特に、自転車と車が、譲り合いながら安全に交通することが求められます。

お出かけのご予定のある方はご注意が必要かもしれません。

この、一年に一度の大イベントは、地域の方々の協力と優しさによって毎年安全に開催されているそうです。

この「優しさ」こそが、下関の最大の魅力なのではないでしょうか。

当日、お出かけになる方は、競技参加者の方に、励ましの声をかけてみてはいかがでしょうか。

暖かいおもてなしの一部になれば、エントリーしていなくても、大会の醍醐味が味わえるのではないでしょうか。

このカテゴリーのおすすめ記事

記事へのコメント・感想お待ちしています♪コメントを投稿する

  1. ほっぷ下関編集部ほっぷ下関編集部
    この記事へのコメント、感想などお気軽にお寄せください♪
    「行ってきたよ!」「近くに○○があるよ!」「○○がおすすめだよ♪」
    などなど、皆さんで楽しくおしゃべりしましょう♪

    なお、コメント機能は誹謗中傷や荒らし行為等から読者の皆さんを守るため、ほっぷ下関編集部による承認制をとっております。送信したコメントは承認された後に公開されます。 注意および禁止事項はこちら

コメントを残す

コメントは、以下の項目を入力し「送信」ボタンから送信してください。
※コメントはほっぷ編集部の確認後に掲載させていただきます。確認・掲載までお時間をいただく場合があります。あらかじめご了承ください。

次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前を保存する